studio escape《女王と国のために》【感想(ネタバレ無し)】

 

「studio escapeってどんなとこ?」
「参加してみた感想を知りたい」

この声に答えます。

 

いま大阪でどんどん有名になってきている脱出ゲーム施設『studio escape』。

謎解き好き達が参加しては絶賛している謎解き施設です。

この記事では、studio escapeの3作目『女王と国のためにに参加した際の感想ネタバレ無しで紹介していきます。

目次

studio escape《女王と国のために》とは?

studio escape《女王と国のために》とは?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1960年代に遡り、イギリス政府秘密機関のスパイになって世界を救おう!

Studio Escapeチームの野心を詰め込んだ最新作。

これまでにない技術を駆使し、スパイ映画のアクションやドラマを現実に。

ミステリアスな登場人物に目を見張るようなセット、そしてストーリーにはまさかの展開も…

最後までドキドキハラハラすること間違いなし!

引用:公式サイト

スパイとなってミッションをクリアしていくイベント。

まるで映画「ミッションインポッシブル」や「007」の世界に入り込んだ気分になれる脱出ゲームとなっています。

 

公演情報

種別上海型
制限時間 (所要時間)60分 (約90分)
チーム人数2~6人

2~6人の知り合いだけで参加して遊ぶことができる脱出ゲーム。

「上海型」とは、ある物を台に乗せるなどの行動でギミックを作動させて攻略していく、アプリの『脱出ゲーム』に近い形式のゲームです。

studio escape《女王と国のために》の感想

studio escape《女王と国のために》の感想

かいと評価

ストーリー(4/5)
演出(5/5)
物量(3/5)
難易度(2.5/5)
満足度(4.5/5)
かいと

私は55分くらいで成功しました!!

studio escape《女王と国のために》はこんなゲーム

  • とにかく世界観に没入できる
  • 謎解きは簡単め

とにかく世界観に没入できる

『studio escape』の凄いところは、細かい部分まで部屋が作りこまれているところです。

通常の脱出ゲームとは比べ物にならないくらい、細部までこだわって作られており、本当に映画の中に入ったような雰囲気を味わうことができます

 

公式サイトで紹介されている部屋の様子を一部だけ紹介します。

とにかく世界観に没入できる

このような雰囲気抜群の部屋を何部屋も潜入して、謎を解き進めていくことになります。

 

また、今作『女王と国のために』ではこれまでの作品よりも、特にストーリー性が強くなっていました

ゲーム中に進めていく内容もすべてストーリーと連動しており、スパイ気分を味わえる行動となっています。

「謎解きイベント」というよりも、スパイとなってミッションをこなしていく「アトラクション」に参加した気分でした。

 

謎解きは簡単め

ストーリーや体験を重視しているためか、こなしていくミッション自体は、これまでの作品よりも「簡単」になっているように感じました

また、途中で少し詰まってしまってもヒントを出してもらえるので、初心者の方でも楽しめるイベントです。

 

他の謎解きイベントでは、分量が多いのでそれぞれ分担して効率的に解いていかなければならず、終わってみると「あそこがよく分からないまま終わってしまった」ということもありますよね。

「studio escape」ではそんなに分量も多くはないので、1個1個をみんなで一緒に進めていくことができます。

人数が多すぎるとごたごたしてしまうので、2~3人で参加してワイワイと進めていくのがオススメです。

studio escape《女王と国のために》【感想(ネタバレ無し)】まとめ

studio escape《女王と国のために》【感想(ネタバレ無し)】まとめ

この記事では、studio escapeの3作目『女王と国のためにに参加した際の感想ネタバレ無しで紹介させていただきました。

謎解きをがっつりしたいという方には物足りないかもしれませんが、「物語への没入感」という点では最高級のイベントです。

ぜひ参加してみてくださいね。

 

studio escapeの第一作目『暗黒の座禅(Dark Zen)』も近々リニューアルされるそうです。

謎の内容も変わるとのことなので、リニューアルされたら参加したいと思います。

 

それではこの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる