《費用を抑える裏技》国内結婚式の節約方法【体験談・金額内訳】

「結婚式ってどのくらいお金がかかるの?」
「見積もりって、後から上がっていくんでしょ?」
「費用を節約するコツは?」

という方のために書いています。

式場の見学に行くと、初回に見積もりをもらいます。

しかし、後からどんどん金額が上がっていき、
結局、予算オーバーになってしまう場合も・・・


それを防ぐには、
見学の段階で、出来るだけ行いたいことを伝えておくのが大切です。

実際、私はそれが出来てなかったので、金額がかなり上がってしまいました。。。



この記事では、見学の段階で伝えておくべき理由と、私が実際にかかった金額・初回見積もりから上がった金額を紹介します。

目次

国内結婚式の費用見積もり

国内結婚式の費用見積もり
結婚式場探しならマイナビウエディング

特にこちらから伝えない限り、見学の段階では、
結婚式ができる最低の金額
で見積もりを提示されることがほとんどです。

そのため、以下のような追加・グレードアップしていくと、どんどん金額が上がっていってしまいます。

・料理/ドリンクのグレードアップ
・ドレス/タキシードのグレードアップ
・演出/映像の追加
・写真撮影の追加
・テーブル装飾花のグレードアップ
・引出物の追加

国内結婚式の費用を節約するコツ

私の経験上、初回見積もりの段階で、
なるべく細かな希望まで伝えることをオススメします。

理由は、以下の2点があります。

①最終的な金額とのブレがない

会場を決定した後、詳細を詰めていく段階で、
実は予算をオーバーし、やりたいことが全然できなかった。。。
なんてことを防ぐためにも、正確な見積書を出してもらう方が良いです。

「後から追加したらこれくらい上がるかな」
とある程度予想がついたとしても、
予想とずれることがあるので、実際に見積書でもらっておくのをオススメします。

結婚式場探しならマイナビウエディング
私の体験談

私の場合、料理をアップグレードしたら初回の値引き金額が下がった
ということがありました。
(見積時には、サラッと説明されただけで、把握できてませんでした。。。)

このようなこともあるので、初回から全て盛り込んでもらいましょう。

②見積もり時に値引きしてくれる

値引きをしてもらえるタイミングは、申込前だけです。

しかも、大抵どこの会場も大幅に値引きしてくれます。
(私が結婚式を行った会場では、100万円以上値引きをしてもらいました)

ここで、やりたいことを盛り込んだ、高い見積書をもとに、
値引いてもらいましょう。
その方が、値引き金額が大きくなる可能性が高いです。

逆に、ここで見積もりが最低額のままだと、
値引きできる箇所が少ないので、
値引き額も少なくなってしまいます。

私の体験談

会場によるかもしれませんが、
がつがつ値引き交渉をせずとも、少し決断を渋っているだけで、
結構値引きしてくれました。


見積書を出されて、即決してしまうと確実に損します。

私の体験談・かかった費用内訳

私の体験談・かかった費用内訳

私が結婚式をした際に、実際にかかった費用・上がってしまった金額を紹介します。

初回に伝えておらず、
かなり上がってしまっています。。。

項目初回見積もり時最終金額差分
料理・飲み物110万150万+40万
(料理・ケーキ アップグレード)
衣装45万60万+15万
(お色直し衣装 アップグレード)
装飾花15万18万+3万
(テーブルフラワー アップグレード)
写真・映像3万39万+36万
(集合写真、各卓撮影、エンドロール追加)
演出18万30万+12万
(登場時、各テーブル 演出追加)
引出物18万35万+17万
(引菓子・縁起物 追加)

見積もりを正確にもらっていなかったのもありますが、
このように、だいぶ後から上がってしまっています。。。

料理をアップグレードしたら、値引き金額が下がった
集合写真をつけると、同時にアルバムも申し込まないといけなかった

ことが予想外でした。

あとは、
引出物の金額は、あまり考えていませんでしたが、
内容によっては、金額がけっこう大きくなります。
(最初からあまり考えている人は少ないのではないでしょうか?)

国内結婚式の費用・節約方法 まとめ

私は、出来ていませんでしたが、

見学に行くまでに、パートナーとできるだけ、
どんな結婚式にしたいかを話し、

見学の段階で、正確に見積もりをもらうようにしましょう。


その方が、自己負担額を正確に把握でき、費用の節約にも繋がります。

また、さらに費用を抑えたい場合は、
持ち込めるものは、持ち込んで使用する
というのも一つの手です。

その際は、持ち込み料がかかるかどうか、を忘れず聞いておくようにしましょう。

皆様が、お得に理想の結婚式を行えることを願っています。


それでは、この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる